レンタカーの手配っていつするの?

レンタカーの手配はお早めに

はじめに、私はお尻に火がつかないと何事も手につかないタイプの人間で、「予約」と言う未来の事に対する約束は少し苦手だったりします。その為、今まで実家に帰省する為にレンタカーを手配した回数は多々ありますが、その殆どは出発の前日に予約をしていました。運が良い事にレンタカーを借りた時期が繁忙期ではなかったので、前日でも予約をする事が出来ていました。

そんな状況だったのでレンタカーはいつでも借りられると私の頭にはインプットされていたのです。ある日、いつものように出発する前日になりレンタカーの予約をしようとレンタル会社に連絡を入れた所、ついにどの車も借りられないという事態に陥りました。結局、予定より1日遅れて出発する事になってしまいました。

待っていた家族にも迷惑をかけてしまい苦い思い出となってしまいました。「後悔先に立たず」その時以来、予定がわかり次第すぐにレンタカーの手配を行うようになりました。

リベンジ!レンタカー予約

そんな苦い経験のあとは余裕をもってレンタカーを予約するようになりました。前日予約をしていた頃は自分の家から離れていてもとにかく予約の取れるお店と車を探していましたが、余裕を持って予約をするようになってからは事前に住まいの近くのレンタカーを取り扱う店舗を探し、値段や車種を比較し一番自分が納得できるお店を見つける事が出来ました。

値段の話をさせていただきますと、24時間営業のレンタカー店では良い車が多いですがやはり少し割高感<は否めません。最近は格安レンタカー店も多く見られますね。 自分も使用した事がありますが、値段はリーズナブルだからといって危険!という事はありませんでした。ただ、やはり車は古めの車になります。そして、営業時間が短いので自分の予定をお店の営業時間に合わせて帰って来なければならないのでそれが一番大変だった様に思います。レンタカーの店舗は自分の用途に合わせて使い分けてみて下さいね。

こんな使い方もしました

何回かレンタカーを使用した私ですが、一番大変だったのは長距離の引っ越しで軽トラックをレンタルした時です。
当時、婚約者が先に東京で就職していましたので、自分も大阪から東京に引っ越す事になった時に、一緒に荷物も運べれば楽だという安易な考えから婚約者に東京でレンタカーを借りて貰い、そのまま大阪まで来て荷物を積んで東京まで行く。という事を行いました。

レンタカーの予約は婚約者に任せました。私の引っ越しの前日に婚約者は東京を軽トラックで出発しました。
そして引っ越し当日、私の荷物を軽トラックに積み、いざ出発をしたのは良かったのですが、軽トラックなのでシートを倒す事が出来ず姿勢が苦しいままでした。

何時間も同じ姿勢でいる事は辛い上に到着してすぐに荷物をおろさなければならなかったので休む暇もなく大変だった事を記憶しています。引っ越しで軽トラックを借りる際はほどほどの距離が良いとその時に学びました。

Related posts