前日にレンタカーを予約するメリット

確実にレンタカーを確保してもらえる

前日になってしまったとしても、レンタカーは予約しなくても当日に行けば手に入るだろうという考えは多くの場合には通用します。

どのレンタカー会社も少し余分に車を配車してあるので当日に行けば借りられる車があるのが一般的です。しかし、観光地の繁忙期の場合のように利用者が殺到するときにはレンタカー会社の持っている駐車場のキャパシティーを超えて予約が殺到していることもあります。

すると予約していないと当日に行っても車がなくて数時間待ちということにもなるのです。前日であっても予約を受け付けてもらえれば確実に指定した時刻には予約した車を用意しておいてもらえます。配車の確実性という点で行っておいた方が良いのが前日予約です。

在庫がなくても配車が間に合う場合がある

当日に借りられるレンタカーはその店舗に在庫されているものだけになりますが、前日予約をしておくと夜間や早朝などに配車してくれて望みの時間に間に合わせられる場合があります。以前の私の経験では9時の予約は間に合わないけれど10時なら手配できるという対応をしてくれたときがありました。

軽自動車やコンパクトカーなら在庫があるから出せるけれど、6人乗りの可能な車は在庫がなくて配車が必要になり、到着を待って点検が終わるのが確実と言えるのが10時という話でした。9時過ぎにその店舗に行ってみたら既に用意はできていたので9時半から借りることもできました。特に在庫が少ないと予想される車が欲しいときには前日予約は重要です。

事前割引が適用されることがある

前日予約をすると当日では受けられない事前割引が適用される場合があります。WEB割引によっていつ予約したかにかかわらず割引してくれる会社もありますが、それ以前の予約に限った割引サービスも適用可能です。レンタカー会社の裁量次第ですが、前日では適用されるようになっていない事前割引であっても直接問い合わせてみると適用してくれることがあります。
レンタカー会社としては早めに予約してもらうことで配車を適切に行えるようにすることが目標なので、その会社にとって負担にならない範囲で予約手続きをしてくれる分には割引を適用しても問題ないと判断されることがあります。その意味でも駄目で元々という気持ちで前日予約をしてみた方が良いのです。

Related posts